検索結果:16件

所蔵資料群
最上位レベルの記述だけ
印刷プレビュー 表示:

池辺陽 渋谷区復興計画案資料

  • JP 6
  • フォンド
  • 1946年-1949年

本資料は1946~1949年頃、池辺陽が作成した渋谷地区の戦災復興計画案である。

池辺陽

大髙正人建築設計資料

  • JP 10
  • フォンド
  • 1937年頃-2010年

本資料群の内容は大高建築設計事務所(1962~2010)で行った建築・都市計画業務に関する資料で、設計図書・報告書・写真等からなる。

大髙正人 大高建築設計事務所

渡辺仁資料

  • JP 13
  • フォンド
  • 1904年-1967年頃

本資料群は、渡辺仁の建築活動を断片的に伝えるものだが、渡辺が熊本の第五高等学校第二部に入学する前後(
1904年頃)から欧米視察に行く1926年頃までのスケッチ帳、東京帝国大学工科大学建築学科在学中の設計課題、大正末の洋行時に書かれた書簡、昭和初期までの建築作品に関する写真アルバム、戦後、1953年に渡辺高木建築事務所を設立し、1967年に黄綬褒章が授与されるころまでの図面、文書資料等から構成されている。

渡辺仁

村田豊建築設計資料

  • JP 7
  • フォンド
  • 1960年-1988年

本資料群の内容は大きく三種類に分けられる。まず、村田豊個人の原稿などからなる専門文書、次に会計書類などを含む会社記録、最後は図面、写真、模型、映像などからなるプロジェクト記録資料である。

村田豊、村田豊建築事務所

ヴァスムート(Wasmuth)社旧蔵吉田鉄郎著作資料

  • JP 27
  • フォンド
  • 1935年以前から1957年

本資料群は、吉田鉄郎によるドイツ語の著作〝Das Japanische Wohnhaus"(第2版)、〝Japanische Architektur"、〝Der Japanische Garten"に関する原稿やスケッチ・指示書で、吉田鉄郎が逝去直前の1956年までに作成し、ドイツのヴァスムート社に送付したものを、ヴァスムート社が保管していたものである。
原稿(写真、図)、吉田によるページレイアウトや指示したスケッチなどからなる。
吉田による日本の住宅や建築への理解を示す貴重な資料である。

吉田鉄郎

菊竹清訓建築設計資料

  • JP 15
  • フォンド
  • 1953年~1969年

菊竹建築研究所を開設した1953年以降、事務所で作成された図面資料である。

菊竹清訓・菊竹清訓建築設計事務所

16件中11件目から16件目の結果